Mynewsdesk Japan をフォロー

Tags

コンテンツマーケティング

海外コンテンツマーケティング

オウンドメディア

海外メディア

mynewsdeskアップデート

ニュースルーム

グローバルPR

mynewsdesk活用事例

広報セミナー

広報

グローバル広報

海外コンテンツマーケティング事例

マイニュースデスク活用法

マイニュースデスクとは

マイニュースデスクジャパン

マイニュースデスク

観光インバウンドPRで機能するMynewsdesk

観光インバウンドPRで機能するMynewsdesk

ブログ投稿   •   2018年04月06日 15:50 JST

今回は観光インバウンドPRで機能するMynewsdeskに関してご紹介します。

Mynewsdeskを活用した東武鉄道のインバウンドPR

Mynewsdeskを活用した東武鉄道のインバウンドPR

ブログ投稿   •   2017年02月14日 09:00 JST

​最近、海外からのインバウンド観光客をいかに誘致するかに注目が集まっています。 今回は、Mynewsdeskを導入した東武鉄道株式会社 グループインバウンド情報発信室長 青柳 健司氏に、 ​インバウンド観光客向け情報発信戦略に関して、お話をうかがいました。

TOYO TIRESの動画グローバルPR  ―世界で話題を創る動画コンテンツ戦略とは―               

TOYO TIRESの動画グローバルPR ―世界で話題を創る動画コンテンツ戦略とは―               

ブログ投稿   •   2016年03月24日 16:28 JST

TOYO TIRES は、2015年12月10日に、ACミランとのコラボ動画第2弾『​Chase in Milan by TOYO TIRES』を公開し、わずか3ヶ月間で、累計視聴回数が900万回を突破、また400件を超えるメディア掲載を獲得するなど、今注目を集めています。

ローム株式会社が取り組むグローバルPR 『まだ見ぬ世界中のステークホルダーとの良好な関係構築を目指して』

ローム株式会社が取り組むグローバルPR 『まだ見ぬ世界中のステークホルダーとの良好な関係構築を目指して』

ブログ投稿   •   2014年11月27日 10:00 JST

京都を本社とし、グローバルにLSIやディスクリート半導体を供給しているローム株式会社。 自動車関連機器をはじめ、産業機器、民生機器、携帯電話及び通信機器など、幅広い市場分野でシステムソリューションを展開しており、ますますグローバルでの取り組みが注目されています。 2014年よりMynewsdeskを導入し、グローバルPRに積極的に取り組むローム株式会社の西村治之氏にお話をうかがいました。

海外ジャーナリストの視点【2】Verily創業者アシャ・フィリップス

海外ジャーナリストの視点【2】Verily創業者アシャ・フィリップス

ブログ投稿   •   2014年09月10日 13:00 JST

​今回のインタビューは、ソーシャルメディアニュースのコンサルティング会社Verily の創業者であるア社・フィリップス氏です。アシャ氏はこれまで数々の記者、編集者、そして学生たちに、報道の中でのソーシャルメディアの役割と使い方を説いてきた経験があります。これまでのコンサル事業の顧客にはCNN、ウォール・ストリート・ジャーナル・アジア、オーストラリアの放送局ABC、Yahooなど業界の中でも大きな存在感を持つ企業があります。

海外ジャーナリストの視点【1】報道とコンテンツマーケティングの未来

海外ジャーナリストの視点【1】報道とコンテンツマーケティングの未来

ブログ投稿   •   2014年08月04日 15:00 JST

海外メディア、ジャーナリストは、どのような視点を持って、記事の執筆に取り組んでいるのでしょうか。スウェーデンのMynewsdesk本社で行ったJustin Harper氏のインタビューをお届けします。ハーパー氏は英Daily MailやTelegraphなど大手紙で10年以上の経験を持つベテランジャーナリストです。主に報道とメディアの世界がどう変わりつつあるのかを中心にお話いただきました。

海外PRを始めるにあたって知っておくべき重要なポイント

海外PRを始めるにあたって知っておくべき重要なポイント

ブログ投稿   •   2014年06月06日 14:00 JST

様々な海外PRプロジェクトに携わっている中で、海外メディア、ジャーナリスト、インフルエンサー、海外PRパーソンとの関わりを持つことがあります。よく海外PRを始めていきたい方々から質問を受けることも多いので、海外のメディアへの情報提供のポイントを挙げてみたいと思います。 今回は、最もベーシックな海外メディアとの関係構築を展開したいと思います。